巻き爪療法の説明と様々な療法の種類

【巻き爪療法の説明と様々な療法の種類】

当研究所では「BSブレイス」という方法を採用しています。

この方法は弾力のある特殊な樹脂製のプレートを爪の表面に貼り

その反発力を利用して巻いてしまった爪を矯正させるものです。

 親指に装着している画像ですが目立ちません

施術にはほとんど痛みを感じないで装着することができ

それまで痛みがあった方は施術後にはほとんどの方が

痛みが無くなったと言われます。

プレートが貼ってあっても入浴やスポーツ、ネイルなどを

普段通りに楽しむことが可能です。

プレートの装着前と装着後の違いですが

これは爪の硬さや厚みなどで個人差がありますが

一例をあげますと

上の画像はある方にプレートを一枚貼る前と貼った後です

急に巻いた爪を伸ばし過ぎると割れてしまう危険があるので

基本的に貼るプレートは一枚です。

一か月に一回程度の貼り換えが必要で数回で卒業される方が最も多くみえます。

 

 

【病院での治療法】

(フェノール法)

爪を根元から切除し、薬品を塗ってその部分の爪が生えてこないようにするもの

保険が使えますが、爪の幅がせまくなったり麻酔の注射が痛かったりするデメリットもあります。

 切除    薬品で処理   爪の幅が狭くなる

 

 

(爪母全切除法)

爪が生えてくる爪母(そうぼ)を切除し爪自体が生えてこないようにする方法です。

 

 

(アクリル固定ガター法)

爪と皮膚の間に点滴用チューブなどを挟み、樹脂で固定します。

 

 

(VHO(ワイヤー)法)

形状記憶合金のワイヤーを伸びた爪にドリルで穴を開け、

そこにワイヤーを通して医療用接着剤で固定します。

爪が伸びていないと処置が難しいデメリットがあります

 

他にも色々な矯正法がありますが

肝心なのは治療や矯正法の内容を確認することが出来て

ご自分で納得してから施術を受けることができる施設を選ぶことだと思います。

もちろん当研究所では施術内容を説明して

納得していただいてから施術を行います。

施術を受けられない場合は無料ですので

お気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ